たまりば

  多摩のビジネス・経済 多摩のビジネス・経済  八王子市 八王子市

写真の著作物について

著作権法では、著作物とは「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するものをいう」と定義しています。単なる機械的な複製(複写など)はもちろん、技術的に苦心したものであっても創作的に(人まねではなく)表現していなければ、著作物として保護されません。
また、内心で考えているとかアイディアの段階では著作物とはいえず、ほかの人が見ることのできるように"固定"されていなければなりません。(ネガ・ポジ・プリント等)
東京地裁平成11年12月15日判決・判例時報1699号145頁)では、「写真に創作性が付与されるゆえんは、被写体の独自性によってではなく、撮影や現像等における独自の工夫によって創作的な表現が生じ得ることによるものであるから、いずれもが写真の著作物である二つの作品が、類似するかどうかを検討するに当たっては、特段の事情のない限り、被写体の選択、組合せ及び配置が共通するか否かではなく、撮影時刻、露光、陰影の付け方、レンズの選択、シャッター速度の設定、現像の手法等において工夫を凝らしたことによる創造的な表現部分、すなわち本質的特徴部分が共通するか否かを考慮して、判断する必要があるというべきである。」としています。
NPO著作権推進会議では、毎月1回、八王子市で月例会を行なっていますので、相談等がありましたらこちらのURLから申し込んで下さい。
http://homepage3.nifty.com/373no/copyright/
[著作権推進会議研修旅行]
著作権推進会議研修旅行
研修






同じカテゴリー(法制度)の記事
 公益法人制度改革の移行期間満了 (2014-01-16 16:25)

Posted by かみなり. at 2014年01月17日14:30

コメントを書く

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



削除
写真の著作物について
    コメント(0)